スムーズに不動産売却してくれる会社の選定方法

>Topics>トラブル無く不動産売却するには不動産会社選びがカギ

トラブル無く不動産売却するには不動産会社選びがカギ

部屋

信頼できる不動産会社を見極めろ!

不動産売却をするなら、信頼できる不動産会社にお任せしたいと誰しもが思うはずです。信頼できるかどうか見極めるために、営業担当に販売活動の内容について説明を求めましょう。やる気があるところであれば、詳細に説明してくれるはずです。

早く売るためには内覧が重要!そのポイントとは?

  • 内覧当日は全ての照明をつける
  • 内覧前日までに徹底的に部屋をクリーニングする
  • ホームステージングを活用する

売却の流れを把握しておこう

不動産売却は、一生のうちに数回程度しか経験しません。そのため、流れを把握しておかないと、効率よく行動することができません。不動産会社へ依頼する前に、流れを頭に入れておきましょう。

不動産売却までの流れ

住宅模型

相場を知る

物件の売却を決めましたら、売出し価格を決めないといけません。いくらぐらいが妥当なのか知るために、周辺エリアの物件の価格相場を把握しておきましょう。インターネットで調べればある程度の情報を収集することができます。

不動産会社へ査定を依頼

価格相場が分かりましたら、不動産会社へ物件の査定をお願いしましょう。なお、不動産会社によって査定金額が異なりますので、可能であれば3社以上の不動産会社へ依頼するようにしてください。

不動産会社と媒介契約を結ぶ

依頼したい不動産会社が決まりましたら、仲介をお願いするべく媒介契約を結びましょう。なお、媒介契約には3種類ありますので、どれが自身にとって都合が良いのかじっくりと検討してください。

購入希望者と交渉開始

不動産会社が販売活動をして、購入希望者が現れましたら、その購入希望者と交渉をすることになります。その時、物件の情報などを相手に開示することになります。お互い納得がいきましたら、売買契約を結びます。その後、所定の手続きをしましたら、晴れて物件の引き渡しとなります。

売主には瑕疵担保責任があることを念頭に

もし、買主が住んだ後に初めて住宅に欠陥が見つかった場合、売主は修繕や損害賠償などの責任を負わなければなりません。これを瑕疵担保責任と言います。瑕疵が見つかると買主と売主の間でトラブルが発生する可能性が高いので、売主は契約前に必ず瑕疵について」説明する必要があります。