住宅診断をすることによるメリット[トラブル防止になる]

まずはどのタイプの物件を購入するか検討を

不動産物件を購入する際、新築物件にするか中古物件にするか悩みがちです。そんな悩みを抱えている方に向けて、それぞれの物件にどんな特徴があるのか簡潔にまとめました。どちらの物件にもメリットはありますので、よく考えた上で物件を探しましょう。

新築物件と中古物件の特徴を比較

新築物件

新築物件とは、完成してから一年未満かつ誰も住んだことのない物件のことを指します。そのため、内装や設備の状態がとにかくキレイなのが大きなメリットでしょう。また、中古物件と比較して、耐震性に優れている物件が多いです。

中古物件

新築物件と比べて価格が安いのが大きな特徴です。また、近年はリフォームの技術が進歩しているので、リフォームをすれば新築物件と何ら遜色ない状態にすることもできます。

物件の見学は大切

気になる物件がありましたら、不動産屋さんに物件見学のお願いをしましょう。なお、物件見学の際、何となくチェックしては意味がありません。購入したら実際に住むことになりますので、住みやすいかどうか細かくチェックする必要があります。

物件を見学時のポイント

つみき

モデルルーム見学時は間取り図との相違をチェック

新築物件の場合、まだ物件自体が完成しておらず、モデルルームを見学するケースがあります。モデルルームは、間取り図と異なっていることがしばしばありますので、どの部分が間取り図と異なっているのか必ずチェックしてください。

異なる時間帯でチェックを

住みやすい物件かどうか確かめるためには、周辺環境のチェックは欠かせません。朝昼晩と異なる時間帯に訪問してみましょう。そうすれば、治安や交通量についてある程度分かるようになるはずです。また、曜日ごとに訪問するのも一つの手です。

手ぶらで行ってはダメ

何も持参せずにただ見ただけだと、後になってどのような物件だったのか忘れてしまいます。スマートフォンなどのカメラ撮影できるものや、長さを測ることができるメジャー、後で見返すためのメモは必ず持参するようにしてください。

枚方で不動産物件を探しているならココ♪

[PR]
さいたま市エリアの不動産が満載☆
物件購入を検討しているなら必見!

売買契約を結ぶ前に必ず専門業者へ住宅診断の依頼をするべき

間取り図

購入前に住宅診断を

不動産物件は、「人生で一番高い買い物」と呼ばれるように、かなり高額です。もし、住んでみて欠陥が見つかってしまったら大きな痛手でしょう。そのようなことを防ぐには、売買契約前に専門業者へ住宅診断を依頼するのが一番です。売買契約前に住宅診断をすれば、たとえ欠陥住宅が見つかったとしても、購入しないで済みますよ。また、たとえ欠陥に至るような深刻なレベルでない場合でも、今後長く住むためのアドバイスをもらうこともできます。

[PR]
熊本市で不動産売却を成功させよう
専門店へGO♪

[PR]
目黒区で不動産屋を選ぶ
参考内容を調べておこう

川口市で不動産売却の依頼

[PR]
西東京市にある不動産会社を紹介
サービス内容を比較してみよう